献血つながりプロジェクト みんなの献血

KENKETSU TOWN(けんけつタウン)

「みんなの献血」クリスマスPRイベントレポート

「みんなの献血」クリスマスPRイベントレポート

令和元年12月2日(月)、都内にて「みんなの献血」クリスマスPRイベントを開催しました。会場には「みんなの献血」のイメージキャラクターである乃木坂46メンバーの齋藤飛鳥さん、星野みなみさん、堀未央奈さん、山下美月さん、与田祐希さんが登壇。クリスマスを意識したサンタクロース風衣装がとても華やかでした。


「血漿分画製剤」の需要が急増

イベント冒頭では、日本赤十字社 血液事業本部長 髙橋孝喜が登壇し、血液製剤を滞りなく安定的に医療機関へ供給できていることへの謝辞を述べたうえで、血液からつくられる薬のひとつである「血漿分画製剤」の必要量が急増している事実に触れ、「みなさまからいただいている献血量の約53%が『血漿分画製剤』の原料として使われています」という献血の現状について説明しました。


乃木坂46、クリスマスの思い出

その後、イメージキャラクターである乃木坂46のメンバーが登壇。メンバー同士でクリスマスを祝うことがあるか聞かれた齋藤さんは「さすがにここまで凝った衣装は私たちの力だけでは用意することはできないですけれど、去年はちょうど4期生が加入したばかりのタイミングだったので、スタッフさんも一緒に事務所の一室をクリスマス仕様に飾り付けしてごちそうを並べてパーティをしました」と回想。「でも、みんな“クリスマスだ、ワーイ!”というよりは、“おいしいものいっぱいだ、ワーイ!”という感じでしたね(笑)」と笑顔でコメントしてくれました。

また、本プロジェクトのクリスマスを担当する堀さんは、子どもの頃の思い出について聞かれると「私はずっとサンタさんに“犬が欲しいです!”と似顔絵付きのメッセージを枕元に置いていたんです」と回答。「でも、毎年違うものが届いて・・・なんでサンタさんくれないんだろう?と思って、そのことを親に相談したら、“犬は生き物だから、サンタさんは届けられないんだよ”と言われて。それからは、ブーツやドレスといった確実に届く物をお願いするようになりました(笑)」と明かしてくれました。


患者さんの願い

イベント中盤では、闘病中の患者さんや、闘病のご経験のある方々の「願い事」を、星野さん、与田さん、山下さんが代読。星野さんが読み上げたメッセージは、「大きくなったら、可愛いプリンセスになりたいです。今は薬で髪がなくなっちゃったけど、また長く伸ばして可愛く結びたいです」という4歳の女の子から。続けて、「今は病気だけど、治して家族で遊園地に行きたいです。遊園地に行って、クレ—プ屋を開いて、クレープを作ってみたいです」という7歳の女の子からのメッセージを与田さんが代読。最後に山下さんが読み上げたのは、無事に退院した12歳の男の子からの「僕は野球が好きです。僕の野球チームのメンバーも、ずっと待っていてくれました。だから辛い治療もがんばれました。これからも、野球をみんなと続けていきたいです」という願いでした。「願い事」を聞いた齋藤さんは、「こうして治療を頑張っている方々が、未来に向けて明るいキラキラした気持ちを持っているというのはすごく素敵だし、グッときました」と真剣な眼差しで強調しました。

続いて、乃木坂46メンバーの5人それぞれが、ハート形のオーナメントにつづった「願い事」を発表することに。“献血で希望の光が輝きますように”と書いた星野さんに続き、山下さんは“みんなと繋がりたい”とメッセージを記入。齋藤さんは“同世代の人たちと一緒に広げていきたい”と「みんなの献血」での活動にかける思いを記し、堀さんは“子どもたちの願いを伝えていきたい”とつづり「輸血を受ける方の思いを私たちが代表して伝えていきたいと強く思いました」と語りました。最後に与田さんが、「私は“みんなで助け合いたい”と書きました。子どもたちの願いが叶うように、献血を通してみんなで助け合っていきたいなと思います」とコメントしました。


献血は、身近にできる人助け

イベント後半では、10代、20代といった若者の献血離れが深刻化しているなか、同世代へ積極的に献血を呼びかけ、献血協力者を増やすことを目的として活動している学生献血推進ボランティアの松本さん、徳田さんが登場。毎年12月に全国各地で実施している「全国学生クリスマス献血キャンペーン」の告知とともに、松本さんからは「献血は全血献血ですと1時間もかかりません。この冬の寒い時期に体調管理をして献血ルームへと行き、献血をするのは大変だとは思いますが、それが患者さんの元気の源となって、願いを叶える活力となりますので、みなさんぜひ献血へのご協力をお願いします」と献血に対する熱い思いを語ってくれました。そのコメント受けて山下さんは、「本当に同世代の学生の皆さんが素晴らしい活動をされているのを見て、私たちももっともっと頑張っていかなきゃなと刺激を受けました!これから寒くなってくる時期ですが、キャンペーン活動を頑張ってください。応援しています!」とエールを送りました。

そして最後に、願いを直筆してもらった特製オーナメントに自身のサインも加筆してもらい、オリジナルクリスマスツリーに飾り付け、イメージキャラクター5名でツリーを完成させました。今回のクリスマスプロモーションについて堀さんは「この機会に、ぜひ若い世代のみなさんに献血会場へお越しいただきたいと思います。みなさん、お待ちしてます!」とPR。また齋藤さんも「『みんなの献血』をはじめてから、多くのみなさんに献血のご協力をいただくことができました。自分たちが身近にできる人助けが献血だと思いますので、引き続きご協力のほど、宜しくお願いします!」と献血への協力を訴え、本イベントを締めくくりました。